--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.05

プラチナメーン

エサってゆ~な-写真.jpg
札幌の北斗賞に出ます。

スタート五分なら勝ち負けかと。

単勝も買いました。
スポンサーサイト
Posted at 14:22 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2009.07.03

呪怨 白い老女/呪怨 黒い少女

エサってゆ~な


呪怨シリーズももう10周年ですか。

最初に見たVシネ版は衝撃的でしたが、

その後迷走を続け、もう終わりかと

思っていたところに、内容を変えて再登場。

方向性を見失ってる清水監督を変えたのは

吉と出るのか凶と出るのかどちらでしょうか。



この映画公開劇場が少な過ぎ。

京都で公開ないし、わざわざ梅田の分かりにくい

場所にある映画館まで行きました。迷いました。



上映時間は白黒ともに60分くらいで、

白で襲われるタクシー運転手や、惨劇の舞台となる家が、

黒でも出てくるので、ストーリーの共通性はあるかと思います。

白の方で出てくる、くしゃくしゃの写真は黒の方で

惨殺された一家?DVD出るまで確認できんヽ(;´Д`)ノ

監督は変われど、基本路線は踏襲しており、時系列

バラバラ、個人個人のミニストーリー、といった

過去作品の流れを受け継いでいます。

最初は点と点でしかないのが、最後に線でつながり

ストーリー全体が見えてくる手法です。



白の方はバスケ婆さん登場です。

別の映画に出てくる幽霊婆さんなのですが、

監督が同じという理由で?出てます。

何故バスケットボールを持っているのかの

説明は一切なしで、襲ってくる理由も不明

なので、呪いとしてはかなり弱いですね。

アッキーナは宣伝ではメインっぽい扱い

ですが、ほとんど出番なしで、白で存在を

示したのは、みひろさんではないかと。

呪いに触れてしまい、おかしくなっている

彼を何とかしてあげようと、健気に

頑張ってるのに、婆さんと間違われめった刺し。

その横で、直前に彼にプレゼントした

オルゴールが鳴っていて、非常に

切ないシーンが一番心に残りました。



黒の方は、、、これどうなの?

何だかよくわかんないのだけれども、

本来双子として産まれてくるはずが、

一方に吸収される形で産まれて来れなかったので、

周りに恨みをまき散らしてるってこと?

でも一方は除霊されて、一方は自殺したのに、

最後に出て来てたよね。どういうこと???

こちらのメインは加護ちゃんっぽいけど、

早々に出番を終えて、あとは他のお話で

ちょこっと見切れる程度です。



白黒ともに、説明付けのできないシーンが

多くて消化不良。過去の作品は呪いの家に

足を踏み入れた人(一部例外有)が襲われる

という大前提の元に話が進んでいましたが、

今回は、関係の無い人が巻き込まれ過ぎて

「呪怨」としての流れを逸脱していると

感じ、その分理不尽な怖さも薄れてます。



あっ、そうそう。呪怨シリーズでお馴染みの

あの方が出てきます。

白塗りブリーフのあの方です。


Posted at 19:17 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2009.07.03

DDR

エサってゆ~な-写真.jpg
7が並んだ。

今日は何かいいことありそな予感。
Posted at 11:40 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。